100521_135720_ed.jpg
いつもより2時間遅れてスタートのお仕事、
わたしのところにまで連絡届かず待ちぼうけ中でーす。
今お気に入りの松田聖子アイドルソングを聞いてぼんやりしてまーす!

写真は親戚が遊びに来た時にお土産でくれた柔軟剤!
右がいつも使ってるもので
左がもらったもの。
かなりの大容量だったから並べてみたのだけど、わかりづらかったですねー
お菓子とかじゃなくて、良く使うものだったところに愛を感じました。
愛って相手を思いやる気持ちなんだと思います。

最近良く考えます。
わたしは愛のある人が好きだなーって。

嫌なことをして相手を負かそうとする人がたくさんいます。
わたしがいる業界も競争の世界ですから、笑顔で近付いて来るそのような人がいます。
日本全体が競争社会になっているから、これはこの業界に限ったことでは無いのかもしれません。

でも勝ったからって何があるのかな?と思うんです。
それは一瞬の優越感であって、次の瞬間にはまた敵が現れるんです。
そのどの辺りが幸せなのかな?

勝ち組、負け組って良く言うけど、わたしは疲れそうで勝ち組なんかにいたくないなー
そんなところより、自分自身が充実していて
周りの人達が楽しそうに暮らせる場所が良い。

つまり何が言いたいかっていうと
自分と人を比べて、劣っているなんて思う必要なんか無いってこと。
そして少しでも楽しく過ごせる人が増えたらいいなと思います。

先日小沢健二の復活liveに行きました!
曲を聞いていたのは小学生の時。
まさかこんな風に生で歌を聞けるなんて、半年前までは思ってもいませんでした。
生きていると
大変なことも多いけど
こんな風に夢のように幸せなことが起こるんだねーと、
小学生の時に一緒に小沢くんを聞いていた親友と繰り返し話していました。

  • -
  • 21:48
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
何が勝ちで
何が負けなのか分かりませんが…
意味があるのは
”「勝ち」ではなく「価値」のある人生”
だと僕は思います。

とたまには真面目なことも書いてみたりしますw
いい話をしてもらって勇気づけられたっす!

勝ち組になれる人は一部の人だけ。
そして、勝ち組と言われていた会社は、
かならず、負け組と呼ばれる時がある気がします。
会社も人も完全じゃないから、当然ですよね。

勝ち続ける、って言われている会社は、
ムリしていて、歯車がくるうと止められないスピードで
はじけ飛んでしまう。

会社や商売する人が、
世の中に貢献することを理念に掲げていたころ、
きっと勝ち組、という言葉はなかったと思います。

最近、香山リカさんの本を読んだりしました。
今日は、「NHK ハーバード白熱教室」の本を
本屋で見かけて、熱い気持ちになりました。

いい言葉は、ココロのなかにおかずに、
言葉に出してみて、初めてうまれて、そして生きる。

僕にも伝わりましたよ!
聖子ちゃんソングで頭をマヒさせながら受験勉強した時期がありました。
40歳近くの、同級生の影響。
アイドル=松田聖子
「青い珊瑚礁」、「赤いスイートピー」、「ピンクのモーツアルト」と歌詞の意味は不明だけど、圧倒的なアイドルソングに嫌な勉強も良く進んだな。
「松田聖子と中森明菜」って親書を息抜きよんだりもしました。
山口百恵の昭和歌謡からはじまり、小泉京子とかが登場するまでの昭和のアイドル史みたいなやつですけど。歴書読んでるみたいおもしろかったです。
アイドルこそ熾烈な競争ですよね。
何千人かの一人に選ばれるまで、売れるまで、売れ続けるため。
競走馬だって、毎年8000頭生まれて、走って結果を残すに、いくつものレースを勝って、種牡馬になって、種牡馬になっても子供が走らないと意味なくて。
私のいる世界も、専門学校がふえてくれたおかげで就職は好条件での就職は困難。

多分、そんな意識ではちょっと怠惰だとおもうのですが、競争相手であり、頼れる仲間自分ではないかと思います。人と比べると、お互いをみとめあったよきいいのかもしれませんが、問題は勝ったあとの先で、大きな目標をもつことのできる人は成長していけるのではないかと思うのです。

何より、大切なのは自分の幸せだったり、家族の幸せだったり、シンプルに考えるかどうかだったりするのです。今が楽しい、明日を楽しくするには、どうしたら喜んでもらえるかな。ものとか実績じゃなくて、気持ちを受け取ってくれる人が周囲にたくさんいてくたら幸せですね。

自分も去年、新宿の厚生年金会館の某歌手のライブにいったときは、CDよりうまくびっくりしました。客層も老若男女って感じで、さすが「ハナミズキ」。ファンじゃないけど、ファンになっちゃうくらいよかったです。










  • アルフ
  • 2010/06/02 21:26
比べるのは他人じゃなくて昨日と今日と明日の自分ですよね。
  • シーズニ
  • 2010/06/02 22:49
>日本全体が競争社会になっている
競争ってより、生き抜くための争いなんでしょうか。
みんな不安なんだと思いますよ。
   
もちろん、私もですが・・(汗汗)。
   
   
あと、私が思うに・・・
   
こういう競争の世界で生き抜けてるわけだから、
勝ち組負け組みで分けるのなら、
梢しゃんは『 勝ち組 』じゃないかと。
   
まあ、それでも自分のペースを大事にしてくださいね〜☆
  • たけし
  • 2010/06/07 01:18
>まさしさん
相手より自分が価値のある人間だわ…なんて思っちゃうと危ないですけれど…
自分に価値がある、と信じて道を歩むのは大切なことだと思います(^-^)

>たる。さん
ありがとう!
はい
自然体で、今の自分を受け入れて、そして人に対して何ができるかなって考えて行きたいですね!
なかなか難しいけど…
心掛けたいです

>アルフさん
その新書おもしろそう!
そうですね
わたしは競争心に欠けるので(笑)今の競争社会には馴染めていないのです。
でも勝ち続けても、心がそれで萎れてしまっては本末転倒だなあと。
どうしたら喜んでもらえるか…はい、考えていきたいですね(^_^)

>シーズニさん
おお
シンプルだけど良い言葉だ!

>たけしさん
いやいやー
わたしなんか、皆さんに支えて頂いてる、自分では何もできない人間ですから(笑)
マイペースすぎるかもだけど…がんばりましゅ。
ありがとうございます☆彡
  • 2010/08/12 14:21





   

PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

**MENU**

*attention*

このブログは個人的なものです。所属事務所とは、一切関係ありません。
ブログの文章、写真の無断転載禁止です。
また不適切と判断したコメントは削除させて頂く場合もあります。どうぞご了承ください。

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM